2020.2.24ワークショップリポート

Aobato「路地にいきづく暮らしのかけら 手ぬぐいと風呂敷展」
お陰様で実店舗での展示は予定どおり本日終了となります。

現在piccolinaウェブショップにて
期間限定で引き続き商品を販売させていただいております。
(商品の追加もできそうです、またお知らせさせていただきます)
ぜひそちらもご覧ください。

また
今回の展示に合わせ、2/24(月祝)
シルクスクリーンによるトートバッグ製作のワークショップを行いました。

実際に工房で使用している道具での体験です。
Aobatoの作品もこんな風に作っているのだなとご覧いただければ幸いです。


新型コロナウイルスの流行を踏まえ
参加者の皆様には開催についてご意向を伺い
マスクや消毒など除菌対策を行った上で開催をさせていただきました。

今回はシール状の型紙を使用
版作りからトートバッグへのプリントまで、お客様ご自身の手による製作体験です。

【初級編】

ベースとなる基本のデザイン2種(葉っぱ模様、花リース模様)から1つを選び、
版作りではお客様のお好きなようにイニシャルを加えたり、絵柄を組み替えて
デザインにアレンジを加えていただきました。
今回は皆さん初めてのシルクスクリーンということで、プリントの作業はドキドキのご様子。
スキージと呼ばれるゴムベラで版にインクを擦り付け、
無地のトートバッグに色が乗った瞬間にわあっと盛り上がりました。
ベースの絵柄に同じ物を選んでも、色やアレンジで表情も様々。
完成した作品ひとつひとつに個性が光っていました。

【中級編】

お客様オリジナルデザインの中級編、 経験者の方も多く
皆さんそれぞれに想いのあるデザインをお持ちくださいました。
版の仕込みも初級編よりじっくりと、 プリントもより高度な多色刷りです。
素敵な力作が揃いました。
皆様お疲れ様でした!

この度はご参加、また開催にあたり

ご協力をいただき誠にありがとうございました。

出来上がった作品を楽しんで沢山お使いいただけたら嬉しいです。

残念ながら今回ご参加が叶わなかった方も
またの機会にぜひご体験下さいね。

これから季節の変わり目を迎えますので
皆様体調には十分にお気をつけて

引き続きお元気に、素敵な日々をお過ごしください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA