Aobato 2022 夏の新作

Aobato 5th exhibition
「アオバトの旅 北の夏模様 七夕の風呂敷と手ぬぐい展」
2022.6.30(thu)- 7.11(mon)

展示でご覧いただける新作のご紹介です。

Aobatoは北海道の季節の植物や、暮らしの情景をデザインに描き、シルクスクリーンと呼ばれる技法で手染めの布作品を制作しています。

◎シルクスクリーンとは?

「シルクスクリーン」は版画や印刷技法の一種で「セリグラフ」とも呼ばれています。
型紙を使う方法で、実は日本の友禅染めや紅型、伊勢型紙、江戸小紋などをルーツとした印刷技術、海外では「ジャパニーズ・ステンシル」と呼ばれていました。

それをヒントにイギリスのサミュエル・シモンという人物が、シルクを使って「シルクスクリーン・ステンシル」としたのが始まりと言われています。

やがて「シルクスクリーン印刷」と呼ばれるようになり
1960年代のポップアートを代表するアンディーウォーホルが生み出した多くの作品もシルクスクリーンで作られたものでした。

私たちの身近に例えると、一昔前に流行した 「プリントゴッコ」や昔の学校で学級新聞など印刷した「ガリ版印刷」といえばイメージがわかる方もいらっしゃるかと思います。

そんなシルクスクリーン印刷の技法を使った染めが、シルクスクリーン捺染です。
四角い枠に網を張った「スクリーン」に絵柄の型をつけ、その上から平たい大きなヘラで染料を押し込む事で布に絵がつく仕組みになっています。
5回目の個展となる今回は
「北海道のデザインを描き、染めるAobatoがpiccolinaで作品発表を行う意味は何か?」という所まで考えを掘り下げ
「 北国の夏、潮風と共に青空をわたるアオバトの旅 」をコンセプトに
商品構成やモチーフ選び、色作りに検討を重ね誕生した作品たちが揃いました。
日本に生まれ長く遠い旅から帰ってきた技術で、1枚1枚手仕事で染め上げた作品たちです。
北欧と北海道の爽やかな夏に似合う、新鮮な商品に仕上がったのではないかと思います。

小樽の鳥「アオバト」が夏の旅で出会った、暮らしや季節の情景。
気持ちが弾む夏模様となりました。

会場にてお気に入りのデザインを見つけていただければ幸いです。

ウェブ販売開始6/30 11:00~
商品ページ
https://piccolinasapporo.stores.jp/?category_id=62b6733bd085ee3e349dc5e0

次回のnewsでは、展示販売するアイテムを一挙ご紹介いたします。
是非、お楽しみに!

+++++++++++++

Aobato 5th exhibition
アオバトの旅 北の夏模様
七夕の風呂敷と手ぬぐい展
2022.6.30(thu)- 7.11(mon)


piccolina
札幌市中央区南1条西1丁目2 大沢ビル4F

11:00-19:00
火曜、水曜定休

<Aobato 5th exhibition>アオバトの旅 北の夏模様 七夕の風呂敷と手ぬぐい展

2022.6.30(thu)- 7.11(mon)

at piccolina

北国の夏、潮風と共に青空をわたるアオバトの旅
アオバトの眼に映る日々の暮らしや季節の情景、
気持ちが弾む夏模様を描いた手拭いと風呂敷たち

夏の開催となる本展示では

「 北国の夏、潮風と共に青空をわたるアオバトの旅 」をコンセプトに

アオバトの眼に映る日々の暮らしや季節の情景、気持ちが弾む夏模様を
1 点1点手仕事で染め上げ、風呂敷や手ぬぐいに綴りました。

piccolina 限定のアイテムが今年も新たに登場し

「松風」「土居茶葉」「cavacraft」「Oasis Create」のコラボ商品も揃います。

是非、お気に入りの品物とともに爽やかな夏をお楽しみください。


Aobato 5th exhibition
アオバトの旅 北の夏模様
七夕の風呂敷と手ぬぐい展
2022.6.30(thu)- 7.11(mon)

11:00-19:00 
火曜、水曜定休
piccolina 
札幌市中央区南1条西1丁目2 大沢ビル4F 

7/1〜「Aobato 花かんむりと天の川 七夕の風呂敷と手ぬぐい展」 新作絵柄のご紹介

今回のテーマは「花かんむりと天の川」
豊かな色彩が花開く北欧の夏、そして日本の七夕に想いを馳せて
海辺の町小樽に住むアオバトが出会った夏の旅物語
そんなイメージで絵柄を作りました。

花かんむり
* piccolina限定販売 *

アオバトは夢を見ました
遠い土地の夏、花かんむりの少女に出会います
サンタベリー(リンゴンベリー)
真っ赤なベリーを摘みながら
少女について行くことにしました
星が輝き銀色の魚が泳ぐ天の川
小舟に乗ってぷかぷかと
川を下り星の海へ
昆布の森には魚達
灯台の光を追って
少女を乗せた小舟は港に着きました
長く続くイタドリの森を越えて
綺麗なクラゲ?
チリンチリンと鳴くそれは、ガラスの風鈴
大きな笹
だれかの足音が聞こえてきます
仲間の羽音で
眠りから目覚めたアオバト
花かんむりのあの子を想うのでした

+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+.+

北欧では夏至祭の夜に花を摘み枕元に置いて寝ると、
夢の中で将来結婚する異性に会えるという言い伝えがあるのだそうです。七夕の彦星と織姫もあと少しで会える頃。

長い人の営みの中、夏には大切な人を想う素敵な物語が綴られてきたのですね

<Aobato 4th exhibition>
花かんむりと天の川
七夕の風呂敷と手ぬぐい展

piccolina

札幌市中央区南1条西1丁目2大沢ビル4F

2021.7.1(thr)-12(mon) 11:00-19:00
( close ) 7.6(tue)-7(wed)

※今後の緊急事態宣言等により内容に変更が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。

https://piccolinasapporo.stores.jp/

2021.7/1~7/12 「Aobato 花かんむりと天の川 七夕の風呂敷と手ぬぐい展」 ブランド紹介をアップしました

piccolinaさんのサイトにて、展示に向けてのnews記事をアップしました。Aobatoの作品が生まれるまでの解説や、今回の展示のテーマについてご紹介していますので是非ご覧いただけたら幸いです。

https://piccolinasapporo.stores.jp/news/60d3b770b5285a5cecf5d9c4

<Aobato 4th exhibition>
花かんむりと天の川
七夕の風呂敷と手ぬぐい展

2021.7.1(thr)-12(mon) 11:00-19:00
( close ) 7.6(tue)-7(wed)

※今後の緊急事態宣言等により内容に変更が生じる場合がございます。あらかじめご了承ください。

https://piccolinasapporo.stores.jp/

個展のお知らせ

今年もAobatoの個展を行います

コロナの影響下でなかなかイベントができない状況ではありますが

様子を見ながら少しずつ作品を作り貯め準備をしてきました。

初めての夏の開催、北欧と北海道の夏や七夕に想いを馳せた絵柄が揃います。

詳細はこちらのHPやinstagram,facebook,

piccolina webshopでも追ってお知らせ致します。

雨の時期を抜けたら、気持ちの良い夏が始まります。

アオバトの手ぬぐいや風呂敷たち

是非楽しんでいただければ幸いです。

Aobato 4th exhibition
花かんむりと天の川
七夕の風呂敷と手ぬぐい展

piccolina  札幌市中央区南1条西1丁目2 大沢ビル4F

2021.7.1(thr)-12(mon) 11:00-19:00
( close ) 7.6(tue)-7(wed)


今後の緊急事態宣言等により内容に変更が生じる場合がございます。
あらかじめご了承ください。

くまクラフト展【くまの棲 2020】 出品のお知らせ

新型コロナウイルスのニュースが絶えない日々です
1日も早い終息を願うばかりです。

皆様におかれましてはくれぐれもお大事にお過ごしくださいますよう、お見舞い申し上げます。

この度縁あって、
闇月創房さん主催 くまクラフト展【くまの棲 2020】に
トートバッグを出品させていただきました。

くまの親子を描いたのは
今ももちろん色々な事がありますが
先の世代が手を取り合い、幸せでありますようにとの願いも込めて..

本日3/19〜3/29
space1-15 203号室「闇月創房」 にて
(11:00-18:00)

またwebshopにて商品アップ次第ご覧いただけます。
webshop
https://kumanosu.handcrafted.jp/

よければご覧いただければ幸いです。

大変な時期ですが、頑張りましょう。

【イベント紹介】
ようこそ、くまの棲へ
ここは、《クラフトのくまたち》が棲むところ。
黒くま・白くま・赤ぐま、白黒くま(パンダ)
金(真鍮)・銀・革・フェルト・ガラス・陶・・・
いろんなくまたち、いろんなクラフト。

■実店舗■
くまクラフト展【くまの棲 2020】
日時:2020年3月19日(木)~29日(日) 11:00-18:00
会場:闇月創房ギャラリー space1-15・203号室
(札幌市中央区南1条西15丁目1-319-203)

2020.2.24ワークショップリポート

Aobato「路地にいきづく暮らしのかけら 手ぬぐいと風呂敷展」
お陰様で実店舗での展示は予定どおり本日終了となります。

現在piccolinaウェブショップにて
期間限定で引き続き商品を販売させていただいております。
(商品の追加もできそうです、またお知らせさせていただきます)
ぜひそちらもご覧ください。

また
今回の展示に合わせ、2/24(月祝)
シルクスクリーンによるトートバッグ製作のワークショップを行いました。

実際に工房で使用している道具での体験です。
Aobatoの作品もこんな風に作っているのだなとご覧いただければ幸いです。


新型コロナウイルスの流行を踏まえ
参加者の皆様には開催についてご意向を伺い
マスクや消毒など除菌対策を行った上で開催をさせていただきました。

今回はシール状の型紙を使用
版作りからトートバッグへのプリントまで、お客様ご自身の手による製作体験です。

【初級編】

ベースとなる基本のデザイン2種(葉っぱ模様、花リース模様)から1つを選び、
版作りではお客様のお好きなようにイニシャルを加えたり、絵柄を組み替えて
デザインにアレンジを加えていただきました。
今回は皆さん初めてのシルクスクリーンということで、プリントの作業はドキドキのご様子。
スキージと呼ばれるゴムベラで版にインクを擦り付け、
無地のトートバッグに色が乗った瞬間にわあっと盛り上がりました。
ベースの絵柄に同じ物を選んでも、色やアレンジで表情も様々。
完成した作品ひとつひとつに個性が光っていました。

【中級編】

お客様オリジナルデザインの中級編、 経験者の方も多く
皆さんそれぞれに想いのあるデザインをお持ちくださいました。
版の仕込みも初級編よりじっくりと、 プリントもより高度な多色刷りです。
素敵な力作が揃いました。
皆様お疲れ様でした!

この度はご参加、また開催にあたり

ご協力をいただき誠にありがとうございました。

出来上がった作品を楽しんで沢山お使いいただけたら嬉しいです。

残念ながら今回ご参加が叶わなかった方も
またの機会にぜひご体験下さいね。

これから季節の変わり目を迎えますので
皆様体調には十分にお気をつけて

引き続きお元気に、素敵な日々をお過ごしください。

”路地にいきづく暮らしのかけら 手拭いと風呂敷展”piccolinaウェブショップにて期間限定販売を行います

2.20より北欧雑貨piccolinaで始まりました、
Aobatoの”路地にいきづく暮らしのかけら 手拭いと風呂敷展”
お客様からのご要望にお応えしてウェブショップでも販売をする事になりました。

北海道小樽の路地に今も残る穏やかな暮らしや北海道に生息する花・草木を
題材に手捺染という手法で手拭いと風呂敷を一枚一枚 デザインから仕上げまで丁寧に行なっております。

是非この機会にお買い求め頂けたらと思います。手拭い/風呂敷はゆうパケットで200円で全国発送が可能です
枚数が多くなって送れない場合は一番安い方法を探してお送りします)ファブリックパネルは通常と送料が変わります
ここのページに添付してある送料をご確認の上ご注文ください

販売開始 2月26日(水)20:00~
3/8 (日) までの限定販売となります
https://piccolina.ocnk.net/product-group/211
実店舗での展示販売は今週末3/1(日)までとなります。
ご注文お待ちしております
@aobato_otaru #aobato #手拭い #風呂敷 #小樽